ギターやギター講座のことなら!
ギター講座でお手軽ギター上達!
ギター選びからはじめる アコースティックギター ポイント解説

ギター講座

ギターの講座を開講しますよ。ギター初心者みなさんよろしいですか?ギター講座はアコースティックギターはもちろんエレキギターにも通用するテクニックやいいギター欲しいギターについてのギター通信講座といった形にしていきます。 ブルースギターといえば世界一ブルースな街シカゴ。
シカゴブルースのギターテクニックの講座の動画やビデオっていっぱいありやんすね。初心者の方はソロで歌も演奏もするにしても、バンドでギターをやるという人も、最初はtab譜やコード譜から入る人が多いですが、そのようなギターの教則本よりももっといい手はありますね。
たとえばそれがブルース。
ギター講座を一度受けるより本番の奏でる音を聞いてしまうほうがいかに早いことか。スケールの練習もいいですが、一流の音楽をやっているミュージシャン達、ギタリストの音を聞き、そしてその音に近づいていくのが一番ですね。もちろんギターの練習は毎日10分でもいいからやりましょうね。クラプトンになりたいすか?
講座でしくしくやるのももちろん大切ですが、スケールのやり方を教わるのって目の前で非違いてもらうことが早かったりします。
ブルースを本場に行って吸収して来いと言われてもなかなかいけるものでもないですから。せめてここはネットでギター講座。トレモロの出し方を聞かせる方法なんかも今やたくさんありますね。すごい時代です。クラシックギター講座もち説ながらちょいちょいやっていきましょうね。無料ギター講座っすから。

one more time one more chance? ギター講座開始!

初心者の方にも簡単に奏法やギターの選び方を解説していくよ!
フラメンコギターってやるひとはどんな人かなあ、ミュージックスクールでギター講座を一緒にやってたギタリストさんの中にはいなかったなあ。初心者のためのギター講座だったから楽譜の読み方からだった門名ア懐かしいね。初心者のtab 譜の読み方、あれは簡単だから1日でいけると思うよ。教則本読みつつ毎日エレキ ギターで弾き語りの練習してたという・・(笑)dvdとかCDさんざんみたなあ。早弾き講座とかカッティkkグの練習とか、入門したときから散々やりました。なかなか上達しなくてギターの弦のせいにしてみましたなあ。そのうちアコギも買ってギターで作曲をはじめて徐々にギターが簡単じゃないかと思えるようになるわけですねえ。

one more time one more chance? ギター講座開始!
ギター講座 | Comment(1) | TrackBack(0) | ギター講座

コアのギター ボサノバ

今回の講座はここから。コア素材はハワイアンだねえ。ハワイアンとギターとあわせてジャンが得ると何を受けベルかなあ。ウクレレがうかばないですかね。そのまま正解で元はウクレレの素材としてよく使われていたものがギターにも使用されたって感じですな。硬質感の強いものから大人の色気って感じの甘い音質を持つものまで幅広くあります。色気でつながりを考えて見ると思いつくのはジャズ系のギター奏法のこと。これもありなかんが得方で、高音の伸びもあるコアを採用したボサノバとかジャズギターなんてのもあるようです。
エボニーのお話になると、浮かれてくるよ。エボニーはギターを始めるまだ、テクニックは何もなくて動画の研究や弾き方の勉強、奏法解説とかを気にしている人にはいいでんな。なぜならエボニーは音が前に飛ぶからね、ギターの初心者であっても講座やらずに自身がなくても音が出てくれる。サスティンも長くていい音がでるなあってイメージがもてるから、早弾きしたい人とかコードプレイしたい人とかいつかはギタリストになりたい人の練習を続けるためのギター本来の音の気持ちよさもわかりやすいからいいよね、高いけど。主に指板とかブリジに使ってる(コードを押さえたりソロプレイする左手で抑えるところだよ)無料でできるギター講座はどんどん更新していくよ。
ギター講座 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター講座

アコギの講座 素材

マホガニーを使用しているギターの中音域は大好きです。あったかくて癖がないギターが多いかな?高音域での音の太さやハリもあってわかりやすいかな。ギター講座を見ながらこれから弾き方やテクニックを覚えたい入門者には癖が強すぎるギター(たとえばね、ギブソンのダウとかってアコギがあるけど人気はあるけどクセがあるアコースティックギターだね)ローズウッドとマホガニーを比較すると、マホのほうは明るい音質かな?まだまだ行くよ。ギター講座素材特集。シダーもいくね。トップ材としてよく使ってるシダーは広域にわたって抜けもバランスもいいギターで(広域ってことは低音から高音まで物足りないところが少なくて初心者向けともいえるかな?)スプルースよりも柔らかめの音質で鳴りやすいよクラシックギターのときんはよくつかわれてますな。このシダーはやわらかい素材でギターの構造もしっかりと作りこまないといけないけど、クラシックギターの場合はそこはクリアしていることが多いからねえ。ウエスタンレッドシダーってのがよくクラシックギターでつかわれてるね。クラシックギターはヨーロッパではスプルースとシダーがほぼ半々ぐらいで採用されてるみたい。フィンガーピッキングってはやってきてるじゃないですか?ソロやフィンガーピッカーにも人気の出てきたギターですな。ギタープレイには指使い、右手の使い方なんかも大事ですけどね、音作りに必ずこだわりだす時期が来るからねえ、このように素材ばかり行ってるよりも実は実際に弾き比べるのがいいんだけどねえ。
最後にメイプルもいいておきましょね。メイプルはたいへんだよ。日本でギターをしっかり管理するには湿度の問題とか、メンテナンスも大事なんだけど、弾力性を持ってるからす具にネックがそったりするぞな。メイプルは独特な木目で派手な感じで人気あるギターですねえ。音質はやや硬めで、歯切れの良さのあるシャキっとした音だな。さっき言ったギブソンのダウあたりに使われてるやつですね。
そのほかのアコースティックギターにはあまり使用されることは少ないようです。

ハカランダとローズウッド

ローズウッドってアコースティックギターの素材のこと聞いたことあります?講座の第二回だよ。日本名でいうと紫檀(したん)といいましてインディアンローズウッドとかブラジリアンローズウッドといったものがあります。素材の話はいいから初心者講座しなさいよ!とか基礎やスケールのやり方を聞きたい方もいるけど落ち着いて。ギター講座は形から入っていくからさ。ローズウッドはね、様々なギターの部分位で使われてるよ。
サイドやバック材として使用された場合、(ギター本体の横とか体に触れる後ろ側のところ)適度な硬さで音が鳴るようですね。意外にずっしりと重い深みを感じさせる音が出て行きます。1本でも説得力がありそうだね。指板、ブリッジ材としてのローズウッドを使ってる場合はエボニーを使用した場合に較べると、音の輪郭が丸くゆったりとする傾向にあるよ。輪郭というとわかりにくいかなあ?結局音楽って音の数はそんなに多くないし、メロディの積み上げ方もそう多いわけじゃない。テクニック講座でいくら弦も押さえられるようになってもコードをたくさん覚えてもうまいギタリストの一音の説得力には勝てなかったりするからさ、せめてもともといい音がするギターがほしくないですかねえ。ブラジリアン・ローズウッドはハカランダと呼ぶ、アコギ隙にはたまんない木だね。サイドやバック材に使ってるけど他界の何の。きらびやかで艶やかな響きがする最高級ギターに使われているやつだよ。マーティンギターでハカランダ、しかもヴィンテージ(戦前のギターとか)、こんなセレクトしてみたらえらい事になる。車かえるね。たたくと金属音が鳴るよ。

アコースティックギターの素材

ギター今回は素材について。 アコースティックギターに使用される木材にはいろんな種類があります。シンガーソングライターでストリートミュージシャンになるにしろ、フラメンコギターの奏法を覚えて講座をやる側に向かっちゃうにしろ、初心者のためのギター講座はギター素材の選び方からも入っていくのがいいかな?ギター 講座初心者に向いているtab譜の読み方とかはまた今度ね。ギタリストとしてやっていくにもギターへの愛着は欲しいんです。コード練習にしろ毎日やるには好きなギターを使い込んで欲しいな。さてギター素材ですけど最初はスプルースという日本名でいうとエゾマツから。
細かでまっすぐな木目を持ってるスプルースはよく響く素材でギターや弦楽器のトップ材として定番です。弾き込むほどにギターの音が育っていくって感じで、講座をみながらテクニックを上達させると共に相棒のギターも育っていく!なんていいいすねえ。
最初は綺麗な白い素材ですが、年月を経ていくとだんだん飴色に変わっていきギターが焼けていきます。アコースティックギターの素材としてはスタンダードな素材で、ブルースのにしろフォークにしろ初心者のギターを探すさいにはカタログなんか見てるとたくさんスプルースの名前が出てきますよ。シトカスプルース(北米北西部)は比較的硬い響きがありギターの音色もカリっとしてます。好き嫌いは耳が肥えてからでいいすけどね。イングルマンスプルース(北米ロッキー山脈近辺)は比べると柔らかい響きがします。楽器屋で弾き比べるといいすね。アディロンダックスプルースとかジャーマンスプルースなんていういろんな冠のついたアコースティックギターの定番です。

ギターソロって格好いい?

ギター講座第3回。ギターソロってかっこいい?それともギターコードが好きな派?音楽のバンドをやりたいとして、バンドの中を2つに分けて見ましょう。 何も中悪くそろというんじゃないですよ。たくさん楽器があるけれど、2つに目的を分けるならメロディを音に奏でる役割と、リズムを支える役割があるね。
リズミカルなサウンドは楽しいね。ドラムやベースがこれに当たるけど、ギターだってこの役割があるって知ってた?リズムがかっこいいギタリストも多いですね。他のパートと同じようにカッティングで攻めるギタリストもかっこいい。そしてソロやリフを駆使してメロディの主役を担ったりボーカルの味付けをしたりメロディにあたる部分を担当するケースだってあるね。初級ギターに興味がある人はけっこうこっちのソロやスケールに興味をもって憧れている人も多いかもしれないね。ギターソロはバンドの音の華といえるけど、実はギターはカッティングもかなりうまくなると格好いいんだよ。まずは覚えておいてね。ブルースやファンクのギターの講座なんか見てみるといいけど、なるべくシンプルに音をたくさん弾かずにソロも4.5つの音でナンフレーズも弾いちゃうギタリストってかっこいいよ。
ああソロの話が聞きたいかなあ?ソロギターのああいは曲のコード進行というものを考えてやらなくちゃいけない。コードについてはまた詳しくやるけどさ、コードに対して違和感のない音を選び出してメロディを組み立てていくんだね。スケールといって初心者はビビルこのスケールだけど実はその音の数は5つとかしかないよ。考えたら音ってピアノの音階見ると12音しかないでしょ?その中の4とか5音だけの組み合わせでメロディを作るってわけさ。

ギター初心者講座

初心者のギター(guitar)講座ですけどギターにはたくさんの種類がありますね。初心者の方はそこから教えちゃいましょう。アコースティックギター、エレキギター。代表的なギターの種類です。音をアンプで加工して出すエレキと生のサウンドが魅力のアコースティックギターがあります。エレキでは有名なギタリストたくさんいるよね。日本のギタリストなら布袋ともやすさんとかCharさんとかね。アコースティックって今はやってますけど(押尾コータロー・デパペペとか)、こちらは生で一切音を大きくしないってわけじゃなくて一度出したギターの音をマイクで拾ってるんですね。人の声をマイクで披露歌とおんなじ。このエレキとアコギをさらに鼓膜分けていて、クラシックギター、フォークギター、セミアコースティックギター、フルアコースティックギター、エレアコ。ここまでの分け方はざくっといえば生でギターの音を出すか、電気的処理をして音を増幅するかのちがい。大きさで分けることもあって小さいミニギターなんてのもある。一期一会は特殊な例かな。そしてロックギター、ジャズギター、フラメンコ、ブルースギターなんて呼び方は音楽のジャンルで分けたもの。ロックギターならアンプを用意してエレキギターでパワーコードって呼ぶ弾き方でシンプルにガツンと音を出したりバンドのサウンドに欠かせないギター講座にもよく出てくるもの。ジャズギターなんかは4和音以上の音(和音についても後で講座していくよ)の組み合わせをジャズならではのリズムとコードの押さえ方で奏でるし、実に様々。ですが、ギターの種類自体は冒頭に行ったようにたくさんあるわけじゃあなくてその音楽ジャンルで弾き方や音作りが違うだけ。
ギター 講座を動画でやってるものなんかみたらああ、これか、って思うだろうけどね。初心者のためにギター講座でいきなりジャズギターの弦の押さえ方を見るのはめげるかな?テクニックベースで考えるより、まずはギターになれて隙になって欲しいですねえ。