ギターやギター講座のことなら!
ギター講座でお手軽ギター上達!
ギター選びからはじめる アコースティックギター ポイント解説

アコギの講座 素材

マホガニーを使用しているギターの中音域は大好きです。あったかくて癖がないギターが多いかな?高音域での音の太さやハリもあってわかりやすいかな。ギター講座を見ながらこれから弾き方やテクニックを覚えたい入門者には癖が強すぎるギター(たとえばね、ギブソンのダウとかってアコギがあるけど人気はあるけどクセがあるアコースティックギターだね)ローズウッドとマホガニーを比較すると、マホのほうは明るい音質かな?まだまだ行くよ。ギター講座素材特集。シダーもいくね。トップ材としてよく使ってるシダーは広域にわたって抜けもバランスもいいギターで(広域ってことは低音から高音まで物足りないところが少なくて初心者向けともいえるかな?)スプルースよりも柔らかめの音質で鳴りやすいよクラシックギターのときんはよくつかわれてますな。このシダーはやわらかい素材でギターの構造もしっかりと作りこまないといけないけど、クラシックギターの場合はそこはクリアしていることが多いからねえ。ウエスタンレッドシダーってのがよくクラシックギターでつかわれてるね。クラシックギターはヨーロッパではスプルースとシダーがほぼ半々ぐらいで採用されてるみたい。フィンガーピッキングってはやってきてるじゃないですか?ソロやフィンガーピッカーにも人気の出てきたギターですな。ギタープレイには指使い、右手の使い方なんかも大事ですけどね、音作りに必ずこだわりだす時期が来るからねえ、このように素材ばかり行ってるよりも実は実際に弾き比べるのがいいんだけどねえ。
最後にメイプルもいいておきましょね。メイプルはたいへんだよ。日本でギターをしっかり管理するには湿度の問題とか、メンテナンスも大事なんだけど、弾力性を持ってるからす具にネックがそったりするぞな。メイプルは独特な木目で派手な感じで人気あるギターですねえ。音質はやや硬めで、歯切れの良さのあるシャキっとした音だな。さっき言ったギブソンのダウあたりに使われてるやつですね。
そのほかのアコースティックギターにはあまり使用されることは少ないようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3988916