ギターやギター講座のことなら!
ギター講座でお手軽ギター上達!
ギター選びからはじめる アコースティックギター ポイント解説

ギターソロって格好いい?

ギター講座第3回。ギターソロってかっこいい?それともギターコードが好きな派?音楽のバンドをやりたいとして、バンドの中を2つに分けて見ましょう。 何も中悪くそろというんじゃないですよ。たくさん楽器があるけれど、2つに目的を分けるならメロディを音に奏でる役割と、リズムを支える役割があるね。
リズミカルなサウンドは楽しいね。ドラムやベースがこれに当たるけど、ギターだってこの役割があるって知ってた?リズムがかっこいいギタリストも多いですね。他のパートと同じようにカッティングで攻めるギタリストもかっこいい。そしてソロやリフを駆使してメロディの主役を担ったりボーカルの味付けをしたりメロディにあたる部分を担当するケースだってあるね。初級ギターに興味がある人はけっこうこっちのソロやスケールに興味をもって憧れている人も多いかもしれないね。ギターソロはバンドの音の華といえるけど、実はギターはカッティングもかなりうまくなると格好いいんだよ。まずは覚えておいてね。ブルースやファンクのギターの講座なんか見てみるといいけど、なるべくシンプルに音をたくさん弾かずにソロも4.5つの音でナンフレーズも弾いちゃうギタリストってかっこいいよ。
ああソロの話が聞きたいかなあ?ソロギターのああいは曲のコード進行というものを考えてやらなくちゃいけない。コードについてはまた詳しくやるけどさ、コードに対して違和感のない音を選び出してメロディを組み立てていくんだね。スケールといって初心者はビビルこのスケールだけど実はその音の数は5つとかしかないよ。考えたら音ってピアノの音階見ると12音しかないでしょ?その中の4とか5音だけの組み合わせでメロディを作るってわけさ。

ギター初心者講座

初心者のギター(guitar)講座ですけどギターにはたくさんの種類がありますね。初心者の方はそこから教えちゃいましょう。アコースティックギター、エレキギター。代表的なギターの種類です。音をアンプで加工して出すエレキと生のサウンドが魅力のアコースティックギターがあります。エレキでは有名なギタリストたくさんいるよね。日本のギタリストなら布袋ともやすさんとかCharさんとかね。アコースティックって今はやってますけど(押尾コータロー・デパペペとか)、こちらは生で一切音を大きくしないってわけじゃなくて一度出したギターの音をマイクで拾ってるんですね。人の声をマイクで披露歌とおんなじ。このエレキとアコギをさらに鼓膜分けていて、クラシックギター、フォークギター、セミアコースティックギター、フルアコースティックギター、エレアコ。ここまでの分け方はざくっといえば生でギターの音を出すか、電気的処理をして音を増幅するかのちがい。大きさで分けることもあって小さいミニギターなんてのもある。一期一会は特殊な例かな。そしてロックギター、ジャズギター、フラメンコ、ブルースギターなんて呼び方は音楽のジャンルで分けたもの。ロックギターならアンプを用意してエレキギターでパワーコードって呼ぶ弾き方でシンプルにガツンと音を出したりバンドのサウンドに欠かせないギター講座にもよく出てくるもの。ジャズギターなんかは4和音以上の音(和音についても後で講座していくよ)の組み合わせをジャズならではのリズムとコードの押さえ方で奏でるし、実に様々。ですが、ギターの種類自体は冒頭に行ったようにたくさんあるわけじゃあなくてその音楽ジャンルで弾き方や音作りが違うだけ。
ギター 講座を動画でやってるものなんかみたらああ、これか、って思うだろうけどね。初心者のためにギター講座でいきなりジャズギターの弦の押さえ方を見るのはめげるかな?テクニックベースで考えるより、まずはギターになれて隙になって欲しいですねえ。