ギターやギター講座のことなら!
ギター講座でお手軽ギター上達!
ギター選びからはじめる アコースティックギター ポイント解説

アコギの講座 素材

マホガニーを使用しているギターの中音域は大好きです。あったかくて癖がないギターが多いかな?高音域での音の太さやハリもあってわかりやすいかな。ギター講座を見ながらこれから弾き方やテクニックを覚えたい入門者には癖が強すぎるギター(たとえばね、ギブソンのダウとかってアコギがあるけど人気はあるけどクセがあるアコースティックギターだね)ローズウッドとマホガニーを比較すると、マホのほうは明るい音質かな?まだまだ行くよ。ギター講座素材特集。シダーもいくね。トップ材としてよく使ってるシダーは広域にわたって抜けもバランスもいいギターで(広域ってことは低音から高音まで物足りないところが少なくて初心者向けともいえるかな?)スプルースよりも柔らかめの音質で鳴りやすいよクラシックギターのときんはよくつかわれてますな。このシダーはやわらかい素材でギターの構造もしっかりと作りこまないといけないけど、クラシックギターの場合はそこはクリアしていることが多いからねえ。ウエスタンレッドシダーってのがよくクラシックギターでつかわれてるね。クラシックギターはヨーロッパではスプルースとシダーがほぼ半々ぐらいで採用されてるみたい。フィンガーピッキングってはやってきてるじゃないですか?ソロやフィンガーピッカーにも人気の出てきたギターですな。ギタープレイには指使い、右手の使い方なんかも大事ですけどね、音作りに必ずこだわりだす時期が来るからねえ、このように素材ばかり行ってるよりも実は実際に弾き比べるのがいいんだけどねえ。
最後にメイプルもいいておきましょね。メイプルはたいへんだよ。日本でギターをしっかり管理するには湿度の問題とか、メンテナンスも大事なんだけど、弾力性を持ってるからす具にネックがそったりするぞな。メイプルは独特な木目で派手な感じで人気あるギターですねえ。音質はやや硬めで、歯切れの良さのあるシャキっとした音だな。さっき言ったギブソンのダウあたりに使われてるやつですね。
そのほかのアコースティックギターにはあまり使用されることは少ないようです。

ハカランダとローズウッド

ローズウッドってアコースティックギターの素材のこと聞いたことあります?講座の第二回だよ。日本名でいうと紫檀(したん)といいましてインディアンローズウッドとかブラジリアンローズウッドといったものがあります。素材の話はいいから初心者講座しなさいよ!とか基礎やスケールのやり方を聞きたい方もいるけど落ち着いて。ギター講座は形から入っていくからさ。ローズウッドはね、様々なギターの部分位で使われてるよ。
サイドやバック材として使用された場合、(ギター本体の横とか体に触れる後ろ側のところ)適度な硬さで音が鳴るようですね。意外にずっしりと重い深みを感じさせる音が出て行きます。1本でも説得力がありそうだね。指板、ブリッジ材としてのローズウッドを使ってる場合はエボニーを使用した場合に較べると、音の輪郭が丸くゆったりとする傾向にあるよ。輪郭というとわかりにくいかなあ?結局音楽って音の数はそんなに多くないし、メロディの積み上げ方もそう多いわけじゃない。テクニック講座でいくら弦も押さえられるようになってもコードをたくさん覚えてもうまいギタリストの一音の説得力には勝てなかったりするからさ、せめてもともといい音がするギターがほしくないですかねえ。ブラジリアン・ローズウッドはハカランダと呼ぶ、アコギ隙にはたまんない木だね。サイドやバック材に使ってるけど他界の何の。きらびやかで艶やかな響きがする最高級ギターに使われているやつだよ。マーティンギターでハカランダ、しかもヴィンテージ(戦前のギターとか)、こんなセレクトしてみたらえらい事になる。車かえるね。たたくと金属音が鳴るよ。

アコースティックギターの素材

ギター今回は素材について。 アコースティックギターに使用される木材にはいろんな種類があります。シンガーソングライターでストリートミュージシャンになるにしろ、フラメンコギターの奏法を覚えて講座をやる側に向かっちゃうにしろ、初心者のためのギター講座はギター素材の選び方からも入っていくのがいいかな?ギター 講座初心者に向いているtab譜の読み方とかはまた今度ね。ギタリストとしてやっていくにもギターへの愛着は欲しいんです。コード練習にしろ毎日やるには好きなギターを使い込んで欲しいな。さてギター素材ですけど最初はスプルースという日本名でいうとエゾマツから。
細かでまっすぐな木目を持ってるスプルースはよく響く素材でギターや弦楽器のトップ材として定番です。弾き込むほどにギターの音が育っていくって感じで、講座をみながらテクニックを上達させると共に相棒のギターも育っていく!なんていいいすねえ。
最初は綺麗な白い素材ですが、年月を経ていくとだんだん飴色に変わっていきギターが焼けていきます。アコースティックギターの素材としてはスタンダードな素材で、ブルースのにしろフォークにしろ初心者のギターを探すさいにはカタログなんか見てるとたくさんスプルースの名前が出てきますよ。シトカスプルース(北米北西部)は比較的硬い響きがありギターの音色もカリっとしてます。好き嫌いは耳が肥えてからでいいすけどね。イングルマンスプルース(北米ロッキー山脈近辺)は比べると柔らかい響きがします。楽器屋で弾き比べるといいすね。アディロンダックスプルースとかジャーマンスプルースなんていういろんな冠のついたアコースティックギターの定番です。